4時半過ぎにホテルに到着。チェックインしにフロントへ向かい

ます。すると若い女性スタッフがいました。こんな時間だし

大丈夫かなぁと思いながらおそるおそる近づいていきましたが

とても気さくで陽気なスタッフさんでした。名前を言ってあとは

何を言ったかは忘れました。 それでもう伝わってたんだっけ?

で、ここに住所とか名前とか書いてねって言われて、書いて

チェックイン完了・・・だっけ?忘れました。そんな感じで

チェックインはいけます。

 

で、スタッフのお姉さん・・・名前忘れちゃった。ディズニー

シーに行ったことがあって、すごく楽しかったからまた行きたいと思ってるって言ってたなぁ。

そんなお話をしながら私たちのお部屋は7つの島のうちのMartiniqueというところの24棟。

フードコートもバス停も近い1階のお部屋ということを話していました。

(もともとプリファードルームでフードコートとバス停の近い部屋で1階をリクエストしていました)

 

あとは500ドルのギフトカードと、パークホッパー パスのついたカードキーとガイドマップがいくつか

入ったものを受け取りました。そしてホテルの全体図をみせてくれてお部屋までここから歩くと

かなり時間がかかるから誰かに連れて行ってもらえるよう頼んであげるからあっちで待っててね

といわれました。確かにフロントのドアの外を指差していたのですがなかなか誰も来ず、マジカルエクスプレスで帰る人たちがいる中でぽつんと待っているとベルデスクにおじさんがやってきて、

「ああ君たちだね。でも僕はもう少しここにいなきゃいけないからもうちょっと待ってね」といわれてしまいました。そうしてまたちょっと待っていると別の男の人がきて「さぁ行こうか!」とバンに車をのせて私たちもいっしょにのせて車を走らせてくれました。

ポーターさんはすらっと背の高い中年のおじさまでした。ここは初めてと聞かれてNo!と答えたら

カリビアンは?って聞かれて初めてですと答えました。今までどこに泊まったことある?と聞かれ

フレンチクォーター、オールスター(あと前回はコロナドに泊まったけど名前がでてこず)

ですと答えるとカリビアンはフレンチクォーターよりもっと大きくてあそこの〇倍って

言ってたんだけど何倍って言ってたんだか思い出せない・・・なんせ広いということを

言ってたのは覚えています。そうこうしているうちに2419号室に到着。ポーターさんに

チップを払ってお部屋に入り荷解き・・・そして荷解き。そして荷物が片付きベッドカバー

のデザインとか壁のテープの模様とか可愛い柄をみているとやっとオーランドに来たという

ことをじわじわ実感し始めました。機内で十分に睡眠をとっていた私たち。そうして

テンションの上がってきたころにはもう夜も明けて6時。活動開始です。手始めにお部屋

の写真をとりました。